良質な茶葉を収穫する為、幼木の頃から手間を惜しまず育てあげた店主自慢の玉緑茶。

産地の茶に適した気候、国の研究機関の知識、そして自らの経験を掛け合わせ
数十年かけて辿り着いた極上の一杯。お茶本来の驚くような旨味をお愉しみいただけます。


 

一口すするとお茶本来の旨味は驚くほどに口に広がり、香りが鼻を抜ける。

ここまで行くには幼木の頃から手塩にかけて育てあげなければ辿り着く事の出来ない玉緑茶なのです。
産地の気候を見極め、研究機関の知識と共に自らの経験を掛け合わせ4代かけてやっと辿り着いた極上の一杯を是非一度味わって頂きたいです。